01-ボリビア アグロタケシ農園 ゲイシャJBC2018決勝使用豆(中煎り)

生産国  :ボリビア多民族国
農園  :アグロタケシ農園
農園主  :カルロス・イトゥラルデ/マリアナ・イトゥラルデ
地区  :ラ・パス県 / 南ユンガス / ヤナカチ
標高  :ゲイシャ栽培エリア 1,900 - 1960m
品種  :ゲイシャ種
生産処理  :ウォッシュト
焙煎度合い  :中煎り
風味特性  :オレンジ&カシス、ジャスミンの印象

【コメント】 
今回ご紹介するロットは、スギコーヒーロースティングの杉浦 優子バリスタが2018ジャパンバリスタチャンピオンシップ(JBC)決勝で使用したコーヒー豆です。

アグロ・タケシ農園はボリビアユンガス地区にあり、世界有数の標高を誇るコーヒー農園です。このエリアには、火山灰土壌と豊富な水、昼夜の寒暖差、そして雨が降ったり止んだりする微細な気候に恵まれたマイクロクライメイトです。この環境でコーヒーチェリーはゆっくりと成長し養分を蓄えながら熟してゆきます。この素晴らしい環境で十分に蓄えられたコーヒーチェリーの養分は焙煎の初期の段階で分解され、クエン酸やリンゴ酸など多くの有機酸を生成します。この有機酸(クエン酸、リンゴ酸)は、コーヒーの味わいに酸味だけでなく、柔らかい苦味としても作用し、複雑な味わいとボディを作り出しているのです。

風味特性は、オレンやカシス、ジャスミンなど抽出方法や温度帯により様々な表情を見せてくれます。

杉浦優子バリスタがJBC決勝で使用した世界最高峰のコーヒーをぜひお楽しみください。

あなたにおすすめの商品

価格
50g 1,620円〜 価格の詳細
豆の状態
購入数

全商品を見る

コンテンツ

  • 美味しいコーヒーの淹れ方
  • コーヒー教室
  • 送料変更のお知らせ
  • フリーカッピング
  • 実店舗紹介
  • ブログ
  • SUGI COFFEE NEWS!

>