00-ブラジル IP農園(中煎り)

100g 918円〜

豆の状態
購入数

生産国  :ブラジル
農園  :IP(イシードロ・ペレイラ)農園
農園主  :ルイス・パウロ・ディアス・ペレイラ
地区  :ミナスジェライス州 カルモ デ ミナス
標高  :950 - 1250m
品種  :イエローブルボン
生産処理  :ナチュラル
焙煎度合い  :中煎り
風味特性  :マンダリンオレンジ&アーモンドの印象

【コメント】

ブラジルで最も高品質なコーヒー生産地の一つと知られるカルモ・デ・ミナス地区。コーヒー栽培に適したマイクロクライメイトはもとより、 品種や収穫から乾燥などの生産処理を工夫することにより年々進化しています。今回ご紹介するのは、そんなカルモ・デ・ミナス地区の中でも特に素晴らしいコーヒーを生み出すことで知られているIP(アイピー)農園です。

農園名は、現在のオーナールイス・パウロさんのお父様であるイシードロ・ペレイラさんから名付けられています。同農園は、1967年にイシードロ・ぺレイラさんによって設立されました。農園設立当時ルイス・パウロさんはまだ学生で、農園設立から5年後、お父様と一緒に農園の経営を始め、1974年よりコーヒーの栽培面積を拡大し始めました。2003年には初めて果肉除去機を購入し、新たな生産処理方法について学び、スペシャルティコーヒーの生産を始め、今ではいくもの農園を所有し30種類以上の品種を生産し美味しいコーヒー作りにチャレンジしています。

今回ご紹介するロットはイエローブルボン種で、マンダリンオレンジやアーモンドを思わせる風味で優しい甘さとスムースな口当たりが魅力的です。