00-ブラジル サンタイネス農園(中煎り)

100g 918円〜

豆の状態
購入数

生産国  :ブラジル
農園  :サンタイネス農園
生産者  :フランシスコ・イシードロ・ジアス・ペレイラ
地区  :ミナスジェライス州、カルモデミナス、マンチケーラ山脈の尾根
標高  :900〜1,050m
品種  :イエローブルボン
生産処理  :パルプ ト ナチュラル
焙煎度合い  :中煎り
風味特性  :アーモンド&オレンジの印象

【コメント】 
2000年代初頭、それまでナチュラルプロセスが主流だったブラジルで、なかなか品質の良いコーヒー豆が出来なかったカルモデミナス地区の気候条件を克服するために生産者が生み出した「パルプトナチュラル・プロセス」(現在はパルプトナチュラルという呼び方は、コスタリカで使われ始めたハニープロセスという呼び名に変わりつつあります)。それによりこのエリアは素晴らしいコーヒーを生産出来るようになり、世界中から注目される生産地となりました。
あれから20年あまり・・・コーヒー栽培に適したマイクロクライメイトはもとより、 品種や収穫、生産処理の技術はますます進化しています。今回ご紹介するのは、そんなカルモ・デ・ミナス地区かの中でも特に素晴らしいコーヒーを生み出すことで知られているサンタイネス農園です。2005年のカップオブエクセレンにて優勝を果たした後も更なる品質向上の取り組み、毎年素晴らしいコーヒーを届けてくれています。今年のロットも素晴らしいパルプ ト ナチュラルのコーヒーで、アーモンドやオレンジを思わせる風味にハチミツのような甘さが魅力的です。ぜひ、お楽しみください。