00-ボリビア ラ・リャマ農園(中深煎り)

100g 0円〜

在庫状況 ×

豆の状態

生産国  :ボリビア
地域  :ラ・パス県 カラナビ
農園  :ラ・リャマ
生産者  :ペドロ ロドリゲス
標高  :1531-1701m
品種  :SL28
生産処理  :ウォッシュト
焙煎度合い  :中深煎り
風味特性  :オレンジ&カラメルの印象

【コメント】 
ボリビアでは元々、鉱山で働いていた人達が集団居住を行い、「コロニー」というコミュ二ティ(村の様なもの)を作って生活しており、これらの人々に土地が与えられコーヒー栽培が伝わり、ボリビアでのコーヒー栽培が盛んになりました。その多くは大変小規模で家族単位で農園を営んでいます。そして、ほとんどの生産者は収穫期にしか農場を訪れず、手をかけて育てなければコーヒーの生産量が減ったり、木が枯れたりしてしまうということを理解している生産者は僅かしかいませんでした。

その結果、収量が落ちて生産性が悪くなり、現在ボリビアではコーヒー栽培からコカ栽培に転じる生産者が多く、これまで多くのコーヒーが生産されてきたコロイコのとある地域では5年前の収量の1%にも満たないところまで激減しているそうです。

ラ・リャマ農園を運営するアグリカフェのオーナー、ペドロ・ロドリゲスさんは、ボリビアのコーヒー生産の現状を改善するため2014年にソル・デ・ラ・マニャーナとフィンカス・ロス・ロドリゲスというプログラムをスタートしました。ボリビアの生産者が高品質なコーヒー栽培を可能とし生産量を増やすための支援と教育、ノウハウの共有を行うものです。 そのプログラムの一つで、どの品種が栽培地の土壌と地域の緯度・標高に一番合うのかを調べるため、現在までに50種を超えるコーヒーを植えられたそうです。そして今回ご紹介するロットは、ケニアで開発されたSL28という品種をボリビアで栽培したコーヒーです。オレンジなどの柑橘系フルーツを思わせる風味が特徴のSL28とボリビアのミネラル分が豊富な土壌とが相まって明るいフルーツ感と滑らかな質感、奥行きのある立体的な味わいに仕上がっております。ケニア産SL28とはまた違う魅力をぜひお楽しみください。