00-ケニア ロイ農園(中煎り)

100g 0円(税込)〜

在庫状況 ×

豆の状態

生産国  :ケニア
農園  :ロイ農園
生産者  :ピーター・キアリーとその家族
地区  :中央州、キアンブ県
標高  :1700m
品種  :SL28,SL34,ルイル11
生産処理  :ウォッシュト
乾燥方法  :アフリカンベッド
焙煎度合い  :中煎り
風味特性  :カシス&パッションフルーツの印象

【コメント】 
ケニアでは、一人あたりの生産者の栽培面積は平均0.2ヘクタールと大変小規模で、同じエリアの複数の生産者が収穫したコーヒーチェリーをファクトリーと呼ばれる生産処理場に持ち寄ることが一般的ですが、ご紹介するロット「ロイ」は、ケニアではまだ珍しい単一農園のコーヒーです。

農園は、キアンブ県に位置し土壌は有機物質を豊富に含んだ火山性の赤土で、高品質コーヒーの栽培に適しています。農園の中には3つの川が流れ、コーヒーの他に茶の栽培も行われています。 周囲の森林や川のおかげで、常に新鮮な水が手に入ります。

ロイ農園では、土壌侵食をコントロールするために、畑に段差を設けたり、カバークロップ (土壌の保護と改善のために植える作物)を植える工夫を行っています。 風味特性は、カシスやパッションフルーツなどのトロピカルフルーツを思わせる複雑な風味と甘さ、滑らかな質感、雑味のない綺麗な後味がとても魅力的です。ぜひ、お試し下さい。